人にも地球にも優しい洗剤“むう”

目の前の汚れの先の先を考えた洗剤 配管もきれいにその先にある大切な海・川を汚さない一人では大きな力は無いけどみんなで心を合わせれば 未来の地球に大きな希望が有る。

がんばるお母さんのミカタ!

むうは人体に害のある物質は一切使用していません。そのため、素手で触っても、手荒れしません。忙しいお母様にも、やんちゃなお子様にも安心して使用できます。(一般に売られている安い洗剤には、人体に害のある界面活性剤が使われています。手荒れの原因になるばかりでなく、皮膚から体内に入り込み、アトピーや不妊症など体に悪影響を及ぼします。)

油を細かく分解します!

一般的な洗剤の多くは油を分離させることできれいにしますが、その油はまたくっつき合って、配水管の詰まりや悪臭の原因になってしまします。むうは油を細かく(ナノレベル)分散することで、油の再結合が起こらず、小さくなった油は自然界のバクテリアによって効率よく分解され、水質の改善につながる良い循環が生まれます。



ハチドリのしずく

 ハチドリのひとしずく 「~いま、私にできること~」という短い話をご存じですか?

 南米のアンデス地方に伝わるお話です。

 それはこんなお話です。

 森が燃えていました。

 森の生きものたちは、われ先にと逃げていきました。

 でも、クリキンディという名のハチドリだけは、いったりきたり…

 口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます。

 動物たちがそれを見て、

 「そんなことして、いったい何になるんだ。」

 といって、笑います。

 クリキンディは、こう答えました。

 「私は、私にできることをしているだけ」。

         (『ハリドリのひとしずく』光文社刊)

 

続きを読む


登録無料メールマガジン